財務会計/管理会計|アルタの経営用語集

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

財務会計/管理会計(Financial Accounting/Management Accounting)

企業外部のステークホルダーに対して、企業の現状を報告する財務諸表を作成するための計算領域を財務会計という。

これに対して管理会計は、現状把握や経営判断のために企業が内部で利用するためのものであることから、報告書類の形式にルールはなく、企業ごとに分析や報告の軸を検討して作成する。
事業計画や予算などを立てて目標とする利益を確保するための利益管理会計と標準原価の管理・改善を行うなどして目標とする原価に導くための原価管理会計に大きく二分される。

単なる財務データではなく、具体的な戦略立案や、組織や人の業績評価を行うための材料としても利用される。

前川先生の解説

企業の経営成績を可視化する手段として、財務会計、管理会計の2つがあります。

財務会計による作成された報告書は、株主をはじめとした方々(ステークホルダー)に報告されます。
利益、コストの管理手段としての管理会計から作成される報告書は、各企業が独自に作成いたします。
各企業では、売上、利益等が過去の延長に将来があるという傾向は成り立たない事に気が付いております。(線形系ではないとも言います)。

予測精度を高めるために、各種予測技法を試しているのではないでしょうか?
パソコン、予測ソフトも進化し、仮設-検証がやりやすい環境です。

ほかの用語

お気軽にお問い合わせください

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

お電話
資料請求
相談・質問する