ビジョン(Vision)|アルタの経営用語集

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

ビジョン(Vision)

ある期間を踏まえて描かれた目指すべき将来像・構想。企業理念と同じ意味で用いられることも多い。

継続的に継承される企業理念が概念的とされているのに対し、中長期的に期間を区切るビジョンは具体的とされているが、両者の間には一貫性が必要となる。

前川先生の解説

理念の次に重要な用語に「ビジョン」があります。

理念が長期的な、トップの夢を描いた羅針盤とするならば、ビジョンは、中長期(3年~5年)先を対象とした、トップの夢である理念を実現するために克服すべき、課題をさします。
当然、課題は理念より導かれます。

最近、中堅中小企業のトップの方々は、理念とビジョンを企業内会議等いろいろな場面で、頻繁に活用、検討されております。

ほかの用語

サービスのご紹介

お気軽にお問い合わせください

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

お電話
資料請求
相談・質問する