差異分析|アルタの経営用語集

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

差異分析

予算と実績を比較して差異を明確にし、差異要因の分析により経営課題を見出すことをいう。

単純に利益を比較して差異を分析する方法もあるが、さまざまな変化があった場合、それぞれがどう影響したのかを分析することは難しいため、利益差異を収益差異と原価差異に分解するなどして、一つ一つの差異の発生要因を分析する方法が一般的である。

前川先生の解説

差異には多くの種類があります。
予算差異、原価差異等多くの差異があり、それぞれ、固有の差異分析があります。

予算差異とは、予算編成された数値と実績との差異を、多面的に分析します。
複雑系の予算統制では、何がトリガーで予算と実績に差異ができるかの分析が求められます。企業環境を把握することが求められます。

標準原価と実際原価との差異分析もあります。
原価差異に関しましては、物作りです。
生産工程の無駄の排除、集計の正確性、全体最適化等、予算とは違う環境下での分析が求められます。

ほかの用語

お気軽にお問い合わせください

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

お電話
資料請求
相談・質問する