内部留保(Retained Earnings)|アルタの経営用語集

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

内部留保(Retained Earnings)

企業が得た純利益から、社外への支払い分(税金、配当金や役員賞与など)を差し引いた分を社内に蓄えること、またこの金額をさす。「社内留保」ともいう。

法律で定められた利益準備金、企業の自由意思による任意積立金、繰越利益剰余金のいずれかの項目で貸借対照表(B/S)の「純資産の部」に計上される。
企業は内部留保をすべて蓄え(現預金)として残しておくわけではなく、設備拡充や技術開発などの再投資に回すことが一般的である。

前川先生の解説

企業が儲けた一部を蓄えることです。

内部留保された、儲けの一部を新しい設備投資へ使用するか、人材の育成へ使用するか、企業毎に違いがあります。

企業のおかれている環境が線形系でない現在、変化への対応に追随できるよう、内部留保する金額が大きくなる傾向があります。

ほかの用語

お気軽にお問い合わせください

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

お電話
資料請求
相談・質問する