ナレッジマネージメント(Knowledge Management)|アルタの経営用語集

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

ナレッジマネージメント(Knowledge Management)

社員一人ひとりが持つ知識・情報を組織全体で共有し、有効活用しようとする日本発の経営手法。

共有した知識・情報は、経営の効率化、新商品開発、社員研修などさまざまなことに役立てることができる。

日本では「知識管理」などと邦訳され、「KM」と略されることもある。

前川先生の解説

最近、ナレッジという用語が多くの業務で使われております。
どのような場面でしょうか?
優秀な営業マンのノウハウを誰でもが使える環境構築、人事評価のノウハウを、後任に引き継ぎが行えるよう等、いろいろな場面があります。

ここで使う意味には知恵(ノウハウ)の重みが高いことがわかります。
以前は情報、知識を有効に活用可能とする仕組みをさしてましたが、最近はそこに知恵(ノウハウ)が加わってきました。

必要な情報、知識、知恵を格納する手段も重要ですが、いかに欲しい情報、知識、知恵を的確に、高速に検索できるための仕組みがキーになっております。

ほかの用語

お気軽にお問い合わせください

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

お電話
資料請求
相談・質問する