経営計画書|アルタの経営用語集

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

経営計画書

経営理念ビジョンを実現するために、現在の自社の経営状況を把握し、期間を定め、いつまでに何をどうするという具体的な目標を策定するためのもの。
策定した経営計画書は、経営計画発表会を開催するなどして全社の共通事項とすることが望ましい。

目標を数値化することで、達成するためにすべきこと(行動計画)が把握しやすくなる。

長期経営計画書(10年)・中期経営計画書(3~5年)・単年度経営計画書(1年)と、期間により区別される。
経営理念・ビジョンを初めとして、貸借対照表損益計算書キャッシュフロー計算書(≒資金繰り計画書)はもちろん、自社の商品・サービスごとの戦略、組織体制・評価基準、会社の目標(ロードマップ)・個別の目標(部門ごと、事業所ごと、社員ごと)などで構成される。

前川先生の解説

企業運営上、経営計画書という言葉はよく使われる用語の一つです。

経営計画書は、いくつかの基本機能から構成されています。
例えば、経営理念、基本方針、ビジョン、事業計画書、経営戦略等が主要な機能です。5年から10年先の姿を定量、定性表現で表現します。
全ての基本機能は関連しております。

最近の傾向として、中堅、中小企業のトップ自らが、文章の体裁にこだわらず、自身の夢の実現に向け丁寧に想いを理念、基本方針等にしております。

ほかの用語

お気軽にお問い合わせください

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

お電話
資料請求
相談・質問する