人事評価制度|アルタの経営用語集

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

人事評価制度

四半期・半年・1年間などの一定期間の社員の労働を評価し、対価に反映させる人事制度のこと。

対価としては、給与や賞与などの賃金の他に、昇進や昇格におけるポストがあげられる。

社員の仕事の仕方や貢献度合いに対し適正で正当な評価を与え、やる気を起こさせ組織を活性化することなどを目的とする。

前川先生の解説

経営環境が読めない現在、企業はいかに社員のやる気を維持し、高めるかということに注力しております。

その手法の一つとして、人事評価制度の見直しがあります。
見直す際のポイントに、挑戦、創造力、楽しさ、潜在能力等、多岐な要素に配慮することが望まれております。

一つの例では、営業職とホワイトカラーの方々を分離して評価制度を構築してほしい依頼がありました。
営業の方々は顧客と雑談をこなし、相談相手になり、やっと大きな注文へたどり着けます。
ホワイトカラーの方々の顧客は社内です。ここでは、相性が重要なポイントになります。
置かれている環境が違います。簡単なたとえですが、人事評価制度の構築は、難しいテーマです。

ほかの用語

サービスのご紹介

戦略実行

お気軽にお問い合わせください

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

お電話
資料請求
相談・質問する