コーポレート・ガバナンス(Corporate Governance)|アルタの経営用語集

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

コーポレート・ガバナンス企業統治(Corporate Governance)

企業における経営上の意思決定が有効な決断となるように作られる仕組みや取り決め。

企業価値を高め、公正で健全な経営を行うための規律や規約を明確にするもので、一部の経営者や組織の暴走や不正を防止する観点から関心が高くなっている。
資金調達と投資家のグローバル化に伴い整備が加速し、ガバナンス自体に環境変化への対応が求められる。

前川先生の解説

以前、日本において、話題になったテーマがあります。
公開企業は誰のために存在しているかというテーマです。

結論から申し上げます。
数年前まで、日本では社員の為に企業は存在するというのが大半の方々の認識でした。
現在は、先に解説いたしましたステークホルダーの方々のために存在するとの認識になっております。

世界標準ルールに日本も追いつきました。世界標準ルールには、深い意味があります。
簡単に申し上げますならば、企業全体を適切なルールの元、意思決定の適正性、一部の役員の暴走等、ステークホルダーの方々に著しい不利益、企業価値の低下を招かないよう管理する手法であり、ルールをさします。

ほかの用語

お気軽にお問い合わせください

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

お電話
資料請求
相談・質問する