コンピテンシー(Competency)|アルタの経営用語集

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

コンピテンシー(Competency)

成果を生み出す能力や行動特性のこと。優秀な社員の行動パターンを分析し、特有のすぐれた性質をモデル化、これを採用基準や評価基準として用いることで、社員全体の質の向上を図ることを目的として広まった。

経験にもとづく成果や実績値ではなく、その人の潜在的な能力を客観的に評価するための指標として導入されるケースが多くなったが、高い業績を上げていても行動モデルとの乖離度が高いと評価は低くなる。

また、評価基準が曖昧であったり、評価する側が恣意的な評価を行う事が容易であったりすることから、評価される側の納得度が低い場合が多く、モチベーションを下げ優秀な人材の流出を招くといった導入後の課題があげられている。

前川先生の解説

各企業では毎期、経営方針、戦略、ビジョンが発表されます。その内容に即した行動規範と(潜在的な能力も含めた)能力をコンピテンシーと呼びます。

この後の回でお話しいたしますが、目標管理制度と呼ばれる人事評価制度が企業の多くで取り入れられております。
言葉の通り、ある目標を達成した度合で、考課を行う手法です。
この考課手法の達成目標の一つにコンピテンシーがあります。

ほかの用語

お気軽にお問い合わせください

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

お電話
資料請求
相談・質問する