中期経営計画書|アルタの経営用語集

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

中期経営計画書

将来的な見通しや、今後強化していくサービスや事業、基本方針などの方針が掲げられる。

過去の数値と現在の数値を結び、その延長線上にある数年後を予測し計画を立てる。
数年にわたり連続している数字が修正の繰り返しにより連続しなくなった場合、計画を作成することに意味があるのか、企業環境が不安定で、成長の予測が立てづらくなっている近年ではそう考える経営者も多く、中期経営計画書の期間を3年にしているケースが多い。

※経営計画書の説明は、経営計画書を参照のこと

前川先生の解説

経営計画書の策定期間のひとつです。

企業では、5年後を重要な期間としております。ビジョンは、5年後の会社の姿を定量、定性表現で表します。事業企画書は、5年後の業績をどう伸ばしていくかを表します。

このように5年という期間は、重要な期間です。
その経過期間であります3年は、トップの夢(理念)、ビジョン(5年後の姿)を本当に実現できるかを、判定する際の重要な期間情報です。
この結果次第では、5年までの方向性を多面的に変更しなければなりません。

最近では、業績を伸ばすには、人事制度の見直しがかなりの影響を及ぼすことが確認されております。

ほかの用語

お気軽にお問い合わせください

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

お電話
資料請求
相談・質問する