キャッシュフロー計算書(C/F)|アルタの経営用語集

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

キャッシュフロー計算書(Cash Flow Statement:C/F)

企業の現金収支状況を示す財務諸表。会社が費用として使える金額(支払能力)を示す。

流出、流入をあわせた資金の流れをキャッシュフローといい、キャッシュフローが多いほど安定していている(健全な経営)といえる。

営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、財務キャッシュフローの3つの区分から構成され、計算期間におけるこれら3つの合計が現預金の増減と一致する。

2000年3月期決算から株式を公開している企業はその作成と開示が義務付けられている。

前川先生の解説

企業の成績を表す資料のひとつです。

ポイントは、現金の動きに注力します。
お金の動きを、本来の企業活動から得られる営業キャッシュフロー、投資に関わる投資キャッシュフロー、融資のような財務キャッシュフローと3つに区分します。

重要な言葉として、フリーキャッシュフローがあります。
自由に使用できるキャッシュを指します。企業運営上、フリーキャッシュフローの大きさは重要な指標です。

最近健康経営という言葉が使われております。
キャッシュを血液に例えますと、健康には血液のスムーズな循環が求められます。
健康経営の重要性がご理解できるかと思います。

ほかの用語

お気軽にお問い合わせください

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

お電話
資料請求
相談・質問する