行動計画(Action Plan)|アルタの経営用語集

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

行動計画(Action Plan)

目的を達成するために立てた経営計画書を実現するための行動を、スケジューリングにより実行可能な形に落とし込んだもの。

経営理念やビジョン、戦略に基づいて作成し、何のために、誰が、いつまでに、何を、どんな方法で、どこまですると言った具合に、具体的にすることが重要。

一般的に、2年程度の時間軸で全体を俯瞰した基本方針(優先順位と展開方法)を示した中期プラン(=マスタープラン)、6ヶ月程度の具体的な行動を日々の活動レベルで明示した短期プランの2種類がある。

前川先生の解説

経営計画書を構成している要素は以前解説いたしました、理念、経営方針、行動理念、ビジョン、事業計画書、経営戦略、戦術等があります。

これら要素を決められた、到着場所・時点まで正確に作業を行ううえで、予定は重要なポイントです。

行動計画は、どんな作業でも必ず求められる重要な作業ですが、企業の運営をささえる経営計画書は、特にこの予定管理すなわち行動計画の精緻化が求められます。

ほかの用語

お気軽にお問い合わせください

受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

お電話
資料請求
相談・質問する